キャリアオイルの辞典


キャリアオイルの詳しい情報を集めた「キャリアオイルの事典」です。

キャリアオイルさくいん

名前をクリックすると別ウィンドウで詳しい説明がご覧になれます。

肌のタイプ別 おすすめキャリアオイル

肌のタイプ別のおすすめキャリアオイルです。使用する目的や部位、各キャリアオイルの特性と合わせ、以下のチャートを参考に使うオイルを選んでください。


特にお勧めのキャリアオイル お勧めのキャリアオイル

単独、またはメインオイルとしての使用に適したもの  初心者の方にお勧めのキャリアオイル

肌のタイプ別 おすすめキャリアオイル
普通肌 乾燥肌 脂性肌 混合肌 敏感肌 成熟肌 荒れ肌
スイートアーモンドオイル
全ての肌質に良く合います。
アプリコットカーネルオイル
全ての肌質に良く合います。フェイシャルマッサージに特に適しています。
アボカドオイル
濃厚な質感と、豊富な栄養が特徴。
イブニングプリムローズ(月見草油)
人間の母乳にも含まれるガンマリノレン酸を豊富に含む。
カレンデュラオイル
全ての肌質に合います。傷ついた肌に特に有効。
グレープシードオイル
全ての肌質に良く合います。
セントジョンズワートオイル
全ての肌質に合います。ハイペリシンを含有。
ピーチカーネルオイル
フェイシャルマッサージに最適。すべての肌質に使えます。
ヘーゼルナッツオイル
皮膚に素早く浸透するオイル。特に脂性肌におすすめ
ホホバオイル
全ての肌質に良く合います。
マカデミアナッツオイル
乾燥肌、成熟肌に最適。バルミトレイン酸を豊富に含有。
ローズヒップオイル
アルファリノレン酸を豊富に含有。
小麦胚芽油(ウィートジャム)
ビタミンEを豊富に含有。

キャリアオイル粘性チャート

天然植物油のキャリアオイルは、さらさらしたものから、粘性が高く濃厚な肌触りのものまで、種類によって粘性が大きく異なります。下の図で、左にあるオイルほど粘性が高いキャリアオイルです。


<< 粘性が高い粘性が低い(さらさらしている) >>

他のキャリアオイルとのブレンドチャート

どのキャリアオイルも「単独で使用してはいけない」ということはありませんが、通常右欄のものは、オイルの粘性や匂いが強かったり、高価であったりするので、マッサージオイル全体の5%~25%程度の割合でメインオイルに加えて使用するのがお勧めです。

左欄のキャリアオイルは、単独での使用にも適しています。


他のキャリアオイルとのブレンドチャート
単独で、またはメインのキャリアオイル
としての使用に適したもの
通常、マッサージオイル全体の5%~25%
程度の割合で加えて使用するオイル

商品一覧ははこちら

高品質の天然キャリアオイルをお届けします。


キャリアオイル 商品一覧

ページの先頭へ戻る
COPYRIGHT © エッセンシャルオイル(精油・アロマオイル)のお店 Tea-treeの森 All rights reserved.