サンフラワーオイル

サンフラワーオイル

1,500円(税込価格:1,620円)

買い物カゴへ入れる

  • 5,400円以上で送料無料
  • ご注文当日?翌営業日までに迅速配達
詳細
商品名 サンフラワーオイル(Sunflower Oil)(100ml)
商品番号 QC053-100
学名 Helianthus annuus
科名 キク科
使用部分 種子
淡黄色
香り かすかな匂いがあります(精油の香りを邪魔するほどではありません。)
質感(肌触り) 粘性が低く、質感は軽めで、しっとりした肌触り
酸化安定性 比較的低い
他のキャリアとのブレンド 単独での使用にも適している
抽出方法 冷搾法(常温絞り・Cold Press)
適した肌のタイプ すべての肌質に使えます
特徴成分 リノール酸 オレイン酸 ビタミンE

キャリアオイル事典

当店販売商品の品質について

キャリアオイル1リットルはこちら

特徴
サンフラワーオイルはお馴染みのひまわりの種子を黒くなるまで完熟させた後、冷搾して得られるキャリアオイルです。粘性が低く、質感は軽めで、しっとりとした使用感があり、心地よい肌触りが楽しめるのが特徴です。サンフラワーオイルは、工業原料としても広く利用されているほか、種子自体も食用として使用されるため、栽培量が豊富で、比較的安価なキャリアオイルの1つとなっています。但し、加工食品などの工業用原料として生産されるサンフラワーオイルは、溶剤を使って抽出されたものや、高精製されたもののため、アロマテラピーでの使用には適さないので注意が必要です。単独での使用にも適した、使いやすいキャリアオイルです
植物
サンフラワーオイルが搾油されるひまわりは、南アメリカが原産の植物で、3000年以上も前からメキシコで栽培されていました。メキシコに14~16世紀に文明を築いたアステカ人は、太陽の象徴としてひまわりを崇拝していました。ひまわりの種子は食用として利用され、16世紀の終わりにはヨーロッパに伝わっています。油の原料としても食用としても利用価値が高いことから、現在では、ロシア、東ヨーロッパ、インド、アルゼンチン、地中海沿岸諸国、アメリカなどで大量に栽培されています。高さ5m程度まで成長し、花の直径は30cm以上になるものもあります。
エピソード
サンフラワーオイルは、アメリカの原住民に様々な形で広く利用されていました。16世紀以降にはヨーロッパに導入され、同様に広く利用され始めました。サンフラワーオイルは、石鹸の原料としても用いられたほか、花弁は染色剤として、茎は製紙原料として利用されていました。現在でも、サンフラワーオイルは、マーガリンやドレッシングなどの加工食品原料として広く使用されています。学名はHelianthus annuusですが、ギリシア語で Heliosは太陽、anthosは花を意味します。
使い方のワンポイントアドバイス
  • 全ての肌質に良く合います。乾燥肌、脂性肌のいずれにも適しています。
  • 単独での(またはメインオイルとしての)使用に適しています。
  • サラサラとした質感で、さっぱりした肌触りが特徴です。軽いタッチのマッサージがお好みの方には、特におすすめです。
ページの先頭へ戻る
COPYRIGHT © エッセンシャルオイル(精油・アロマオイル)のお店 Tea-treeの森 All rights reserved.