ホホバオイル 業務用 1リットル

ホホバオイル 業務用

13,000円(税込価格:14,040円)

買い物カゴへ入れる

  • 5,400円以上で送料無料
  • ご注文当日?翌営業日までに迅速配達
詳細
商品名 Harvest Season
ホホバオイル(1リットル)
商品番号 CC050-L01
容量 1リットル
学名 Simmondsia chinensis
科名 シモンジア科
原産地 ペルー・アルゼンチン等
使用部分 種子
ほぼ無色
香り ほぼ無臭
質感 比較的軽く、サラサラしている
酸化安定性 極めて高い(極めて品質保持期間が長く、数年間保存可能)
他のキャリアオイルとのブレンド 単独またはメインオイルとしての使用に適しています。
標準鹸化価 85 ~ 105
適した肌のタイプ すべての肌質に良く合う
特徴成分 ロウエステル

キャリアオイル事典

当店販売商品の品質について

ホホバオイル 小容量

特徴
Harvest Season ホホバオイル(1リットル)は、原料植物から搾油した植物油のみを原料とし、鉱物油(ミネラルオイル)や添加物を加えていない100%自然由来のオイルです。酸価、過酸化物価、脂肪酸組成試験等による厳格な品質検査を実施し、すべての検査にパスしたもののみを製品化しています。搾油後、活性白土による脱色、真空下での蒸留による脱臭で、適度な度合いの精製を行っていますので、エッセンシャルオイル(精油)を希釈する場合も、その香りを邪魔することがありません。フェイス、ボディ、フット、ハンドのいずれにもお使いいただけます。

ホホバオイルは、すべての肌質に合う素晴らしいキャリアオイルです。比較的粘性の低いさらさらした質感で非常に使い易く、アロマテラピーではスイート・アーモンドオイルグレープシードオイルと並んで最も良く使用されます。どのような肌に対しても良く合うことと、極めて品質が安定しており、ほとんど変質しないことが大きな特長です。370℃以上の高温で4日間熱し続けても、品質変化がなかったという実験結果があります。 オイルと一般に呼ばれていますが、正確にはオイル(油)ではなくワックスで、ホホバワックス(Jojoba wax)と呼ばれることもあります。10℃前後で固形化しますが、温めると液体に戻ります。(他のキャリアオイルと異なり、湯煎して液体に戻しても、品質を損なう心配がありません。)無臭で品質が長持ちすることから、手作り香水や蜜蝋クリーム作りの原料としても、最も適したキャリアオイルです。 Harvest Season ホホバオイル(1リットル)は、搾油後、適度な度合いの精製を加えたホホバオイルで、ほぼ無色の透明オイル(クリアホホバオイル)です。

植物
ホホバは南米原産の多年生の低木です。南カリフォルニア、アリゾナ、メキシコ北西部の砂漠地帯で自生しています。成長の速度が非常に遅く、樹齢15年になってからようやく種子を実らせ始めます。成木で0.5~2m程度になり、水分の消失を抑える厚くて固い青緑色の特徴的な葉をつけます。果実は、最初緑色で、茶色に変色した後に裂けて、地面に落下します。1970年代までは、野生のホホバから種子を採取していましたが、近年では人工栽培されています。乾燥地帯でも良く育つことから、砂漠化の進行を食い止めるために植樹されることもあります。
エピソード
ホホバオイルは、その優れた働きから、化粧業界において、様々な製品の原料として人気を博しています。シャンプーや石鹸の原料としても使われているほか、加工により高温でも固形を保つことができるようになるため、口紅やクリームの原料としても幅広く使われています。 メキシコとアメリカ南西部の先住民、プエブロ族は、強い日光に晒される肌と髪の毛にホホバオイルを使用していた他、体調管理の目的で温めたオイルを身体に塗っていたと言われています。また、南米地域の先住民は、ホホバオイルを「金の液」と呼んで、様々な目的に使用していました。ヨーロッパからアメリカ大陸に渡った初期の開拓移民者は、砂漠地帯でも育つホホバを重宝し、種子を非常食にしたり、火で焙ってコーヒーの代用品としていました。

セラピスト雑誌『セラピスト』のキャリアオイル特集「ブランド別 お勧めのキャリアオイル」でHarvest Seasonキャリアオイルをご紹介頂きました。全国のアロマテラピーサロン、エステサロンでご使用いただいています。

使い方のワンポイントアドバイス
  • 全ての肌質に良く合います。
  • 単独での(またはメインオイルとしての)使用に適しています。
  • アロマテラピーではスイート・アーモンドグレープシードと並んで最も良く使用されるキャリアオイルです。
  • 極めて長期間品質が保持するキャリアオイルです。
製造工程と精製オイルの特長
【 Harvest Season キャリアオイルの主な精製工程 】

  • 活性白土による脱色。活性白土とは表面に無数の細孔を持つ粘土の一種です。これを原料の植物油中に入れ、細孔中に色素成分を吸着させることにより純物理的な方法で脱色します。(アロマテラピーでクレイとして使用されるモンモリオナイトも活性白土の一種として使用されます。)

  • 真空蒸留による脱臭。真空中で圧力をかけて蒸留し、気化する温度の違いを利用して臭い成分を留出除去します。真空、加圧により留出除去に必要な温度を低くして成分の破壊を抑えることができます。

  • 石鹸を生成して遊離脂肪酸を除去する。不純物である遊離脂肪酸をカセイソーダと反応させて石鹸を生成します。生成された石鹸を遠心分離機にかけて除去することで遊離脂肪酸を取除きます。

【 精製したオイルの特長 】
上記の処理を行ったキャリアオイルには、以下のような利点が生まれます。

  • 品質が安定します。不純物や微量の含有成分が取り除かれるため性質が安定し、処理前の油と比べて品質がより長期間保持します。植物油中に含まれる微量成分の中には、エッセンシャルオイル(精油)蜜蝋(みつろう)の成分と反応して変化を起こすものがあります。適度な度合いに精製されたキャリアオイルはこうした変化が起こりにくく、未精製のキャリアオイルと比べて精油や蜜蝋(みつろう)などを加えた後の品質劣化のスピードも緩やかになります。

  • 敏感肌の人にも優しいオイルになり、アレルギーリスクが低下します。極めて稀ではありますが、エッセンシャルオイル(精油)を加えていない植物油に対しても、お肌が赤くなったりヒリヒリするなどのアレルギー反応を示す人がいます。精製により微量の含有成分を除去したキャリアオイルの場合、アレルギー反応の出る可能性を減らすことができ、敏感肌の人に対しても、より優しいキャリアオイルになります。

  • 植物油自体の匂いが取り除かれるため、エッセンシャルオイル(精油)を加える場合も、その香りを損なうことがありません。本来の精油の香りとその効果が楽しめます。

  • 植物油に元々含まれる微量成分の働きに対する期待から、また「自然のものをできる限りそのままの形で利用すべき」という思想から、アロマテラピーではなるべく未精製の(または精製の度合いが低い)キャリアオイルを使うのが理想的であるという考え方があります。一方、上記のような利点を重視する場合は、精製されたキャリアオイルが積極的に使用されます。精製オイルの場合も、マッサージの際の心地よい肌触りは変わることなく、タッチングによるリラクシング効果が得られます。
ページの先頭へ戻る
COPYRIGHT © エッセンシャルオイル(精油・アロマオイル)のお店 Tea-treeの森 All rights reserved.