クローブ・バッド  エッセンシャルオイル(精油・アロマオイル)

クローブバッド
クローブバッド

1,600円(税込価格:1,728円)

買い物カゴへ入れる

  • 5,400円以上で送料無料
  • ご注文当日?翌営業日までに迅速配達
詳細
商品名 クローブ・バッド(Clove Bud)
商品番号 QQ130-010
容量 10ml
学名 Eugenia caryophyllata
科名 フトモモ科
原産地 コモロス
使用部分 花蕾
抽出方法 CO2蒸留法
ノート ベース
香りの系統 スパイス系
香りの強さ 強い
別名 -
内容成分 Eugenol, b-caryophellene, nerol

当店販売商品の品質について

エッセンシャルオイル(精油)の基礎知識

エッセンシャルオイル(精油)の使い方

精油の事典

特徴
クローブ・バッドのエッセンシャルオイル(精油)は、強く染み入るスパイシーな香りの中に、まったりとした趣も同時に併せ持っています。強い高揚特性があり、気力を高めたいときや、集中的に勉強や仕事に取り組みたいときに役立ってくれる香りです。特にローズマリーとブレンドして使うと効果的です。

クローブ・バッドは刺激が強いため、肌への使用には不向きですが、一方でハウスキーピングにはとても便利に使えるエッセンシャルオイル(精油)です。優れた昆虫忌避効果があるため、夏にアロマランプでお部屋に香らせて使うと、スパイシーな香りが涼しさを感じさせると同時に、とても上質の虫除けになってくれます。柑橘系のエッセンシャルオイル(精油)、特にオレンジ・スイートとの相性が非常に良く、ブレンドして使うと、虫除け効果と同時に、心地よいルームフレグランスを楽しむことができます。

クローブ・バッドには、オイゲノールと呼ばれる物質がたくさん含まれています。オイゲノールには、抗菌特性のほか、カビの増殖を抑える抗カビ特性があります。このため、クローゼットや靴箱、押入れなどに、クローブ・バッドを染み込ませたコットンを置いておくと、衣類を虫から守ると同時に、カビが生えるのを防いでくれます。また、お部屋に香らせても嫌なカビ臭さを抑えてくれます。特に梅雨の時期にはおすすめの使用法です。
植物
グローブは樹高10メートルほどに育つ熱帯の常緑樹です。雨季につける釘のような形をした蕾を蒸留して、黄色のエッセンシャルオイル(精油)が抽出されます。原産はインドネシアで、フィリピン、モルッカ諸島、マダガスカル、西インド諸島などの熱帯地域で広く栽培されています。葉や茎から採油されるエッセンシャルオイル(精油)もありますが、香りはやや劣ります。50kgの花蕾から、約1kgの精油がとれます。
エピソード
クローブは、現代の私達には香辛料としてなじみの深い植物です。釘型の蕾を乾燥させて作られるクローブのスパイスは、16世紀以来ペッパー(コショウ)と並んで、貿易品として重要な地位を占めてきました。インドカレーにおいては、シナモンカルダモンと並んで欠かせない「ホールスパイス」の1つとなっています。

クローブは、古くから様々な用途に用いられてきた植物です。特に伝統的に歯に対して用いられており、中国では、クローブの蕾を噛むことによって、その特性を取り入れていました。現代でも、歯磨きの原料として使われており、市販されているチューブ入り歯磨の中には、クローブの香りを感じるものがたくさんあります。モルッカ諸島では、オランダ人が進出してきた際、現地のクローブの樹をたくさん切り出してしまったため、原住民が使用することができなくなり、危機に瀕したという話が伝えられています。クローブバッドのエッセンシャルオイル(精油)は、香水の原料やリキュールの香り付けにも使用されています。
おすすめのブレンド相手
注意事項
刺激が強いので、肌への使用には不向きです。マッサージやアロマバスでの使用は控えてください。

当店エッセンシャルオイル(精油)の保存状況について

商品保存室2植物から蒸留・圧搾等の抽出方法によって生産された時点では、最高品質のエッセンシャルオイル(精油)であったとしても、流通段階で適切に保存・管理されていなければ、その精油は時間と共に品質を落としていってしまいます。当店では厳しい温度管理を可能にする専用保冷庫が備え付けられた、清潔な保存室でエッセンシャルオイル(精油)を大切に保管し、皆様の元へお届けしています。
より詳しくは
当店での精油の保存状況について


ページの先頭へ戻る
COPYRIGHT © エッセンシャルオイル(精油・アロマオイル)のお店 Tea-treeの森 All rights reserved.
ad