ジャスミン・アブソリュート  エッセンシャルオイル(精油・アロマオイル)

ジャスミン・アブソリュート
ジャスミン・アブソリュート

6,800円(税込価格:7,344円)

買い物カゴへ入れる

よりお求めやすいジャスミン5%ホホバ希釈もございます。
買い物カゴへ入れる

  • 5,400円以上で送料無料
  • ご注文当日?翌営業日までに迅速配達
詳細
商品名 ジャスミン・アブソリュート(Jasmin Absolute)
商品番号 QQ200-S25
容量 2.5ml
学名 Jasminum officinale
科名 モクセイ科
原産地 エジプト
使用部分
抽出方法 溶剤抽出法
ノート ミドル ~ ベース
香りの系統 フローラル系
香りの強さ とても強い
別名 ジェサミン
内容成分 Benzyl acetate, jasmone, indole

当店販売商品の品質について

エッセンシャルオイル(精油)の基礎知識

エッセンシャルオイル(精油)の使い方

精油の事典

特徴
ジャスミンは、たくさんのエッセンシャルオイル(精油)の中でも、最も魅惑的で美しい香りを持つものの一つに数えられます。ローズネロリと並んで高価ですが、精油の中の「宝石」と形容されるほどにその香りは素晴らしく、古来より人々を魅了し続けて来ました。ローズが「精油の女王」とされるのに対して、ジャスミンは「精油の王」と呼ばれますが、ローズ同様、どちらかというと女性に好まれる甘美な香りです。

ジャスミンは、困難に直面して自信を失ってしまったときに役立つエッセンシャルオイル(精油)と言われています。陶酔と高揚感を誘う豊かな香りは、自分に対する信頼と尊重の念と、前向きに進む勇気を取り戻させてくれます。また、精神的なエネルギーが衰え、無感動、無関心の状態に陥ってしまったときにも、ゆったりと気分を解放して、心理的活性をよみがえらせてくれます。

ジャスミンは催淫特性があるとされることでも有名で、インドやアラビアでは古くから「媚薬」として取り扱われていました。ジャスミンの催淫特性は、その香りにためらいを取り払って本来的な人間の欲求を解放する力があるためと考えられています。特に男性の官能的な気分を刺激する香りとされています。ジャスミンのエッセンシャルオイル(精油)は、アロマテラピーにおいては、フェイシャルトリートメントにもよく使用されます。

ジャスミンの香りはとても強い上、高い持続性があり、芳香が長続きします。このため、少量のみの使用で十分に効果があります。高価な精油でもありますので、少しづつ大切に使ってください。

*正確には、溶剤抽出法で生産するオイルは「エッセンシャルオイル」ではなく「アブソリュート」です。日本語では、アブソリュートも「エッセンシャルオイル」と呼ばれますが、英語では両者は区別されています。買い物カゴへ入れる

植物
ジャスミンは、6メートルほどの高さまで生育する常緑の潅木で、美しい香りを周囲に漂わせる白い星型の花を8月から10月にかけて咲かせます。中国、インドにまたがるヒマラヤ地域が原産とされていますが、現在では世界中で栽培されています。素晴らしく魅惑的な花の香り故、非常に古くから人の手によって栽培されてきた植物です。エッセンシャルオイル(精油)の生産は、エジプト、フランス、インドで特に盛んです。

1トンもの花(約800万個分)から、わずかに1kgのアブソリュートしか採れないため、非常に高価となっています。年間生産量は、世界中のものを総計しても、5トンから6トン程度にしかならないといわれます。

一方で特に香水産業において需要が高く、高価なことから、他の精油で偽和したものや、化学的に合成した「ジャスミン」も大量に流通しています。アロマテラピーで使用する場合は、必ず信頼できる100%のものを使う必要がありますので、注意してください。

ジャスミンは、日没後に内部で化学的な変化が起こって香りが強くなるため、ジャスミンオイルを生産するための花は、夜間にたくさんの人手を使って摘み取られます。日中に摘み取っても良い香りのするオイルは得られません。このことが、ジャスミンの生産コストをさらに一層高いものにしています。
エピソード
ジャスミンは、その素晴らしい芳香のため、中国からインド、中東、地中海沿岸にいたる広い地域で、古くから愛されてきた花です。人々はその香りに催淫作用を認め、伝統的に「媚薬」として使用してきました。中国茶のジャスミンティーに使用される植物としても有名です。インドネシアでは、料理を彩る付け合せとして広く用いられています。

ジャスミンは、クレオパトラが愛した香りとしても有名です。クレオパトラも、やはりジャスミンに媚薬的なパワーを見出していたようです。ジャスミンの香油の助けを借りて、ローマ帝国のカエサルやアントニウスを魅惑したというのは有名な話です。当時既にエジプトはジャスミンの主要産地となっており、香油はギリシア、ローマなどに輸出されていました。(香油とは植物を油に浸して作られるものです。クレオパトラの時代には、まだエッセンシャルオイル(精油)を抽出する技術が確立されていませんでした。)

ジャスミンの原産地はヒマラヤですが、16世紀にムーア人によりスペインに導入された後、ヨーロッパでも急速に広まり、17世紀には既に地中海地方全域で栽培されるようになりました。香水産業においても非常に重要な原料植物であり、最大の産地であるフランスのグラースでは、ジャスミン油を中心に町の産業全体が発展しました。 ジャスミンの語源はアラビア語の「ヤスミン」とされています。
おすすめのブレンド相手
注意事項
ジャスミンは香りがとても強いので、ごく少量づつ使うようにしてください。使いすぎると、不快に感じてしまう場合があるので注意してください。

当店エッセンシャルオイル(精油)の保存状況について

商品保存室2植物から蒸留・圧搾等の抽出方法によって生産された時点では、最高品質のエッセンシャルオイル(精油)であったとしても、流通段階で適切に保存・管理されていなければ、その精油は時間と共に品質を落としていってしまいます。当店では厳しい温度管理を可能にする専用保冷庫が備え付けられた、清潔な保存室でエッセンシャルオイル(精油)を大切に保管し、皆様の元へお届けしています。
より詳しくは
当店での精油の保存状況について


ページの先頭へ戻る
COPYRIGHT © エッセンシャルオイル(精油・アロマオイル)のお店 Tea-treeの森 All rights reserved.
ad