エッセンシャルオイル(精油・アロマオイル)の基礎知識

精油の安全性についての深いお話

エッセンシャルオイル(精油)

エッセンシャルオイル(精油)は非常に高度に濃縮された液体のため、間違った使い方をすると危険な場合があることは「入門編 使用上の基本的な注意事項」でご説明したとおりですが、エッセンシャルオイル(精油)の禁忌に関する情報の中には、必要以上に危険性を誇張しているものが多いのも事実です。当店ではエッセンシャルオイル(精油)の安全な使い方についてのご質問も良く頂きますが、一般に出版されているアロマテラピー関連の書籍でも、危険性の誇張が見受けられることもあって、エッセンシャルオイル(精油)を必要以上に危険視したり、使うのを躊躇ったりする方も意外に多いようです。


「入門編 使用上の基本的な注意事項」でご説明した事項(商品お買い上げの際は、同封しています)をしっかりと守っていただければ、安全にエッセンシャルオイル(精油)使って頂くことができますが、列記された注意事項を読んだだけでは、不安が消えないという方もおられるかも知れません。


上級編では、エッセンシャルオイル(精油)を実際に間違った使い方をしてしまった場合に、どういうことが起こるのかについて、少し詳しくご説明させていただきます。安全に使うための注意事項だけでなく、どういった危険性がどの程度あるのかを具体的に知っていただければ、より安全性に自信をもってアロマテラピーを実践していただけると思います。また、エッセンシャルオイル(精油)の危険性がどのように誇張されているのかについてや、その理由や背景などについても私たちの考えを含めてご説明させていただきます。



ページの先頭へ戻る
COPYRIGHT © エッセンシャルオイル(精油・アロマオイル)のお店 Tea-treeの森 All rights reserved.
ad