フェイシャルマッサージ

フェイシャルマッサージ スキンローション(化粧水)でお顔に水分を補った後は、フェイシャルマッサージがお勧めです。キャリアオイルにエッセンシャルオイル(精油)を希釈(溶かして薄める)してマッサージオイル(トリートメントオイル)を作り、お顔のマッサージを行います。顔の体液の流れを促すと共に、キャリアオイルとエッセンシャルオイル(精油)の成分をお肌に浸透させることで効果を得ます。マッサージオイルの作り方はアロママッサージ(トリートメント)のページで紹介した方法と基本的に同じですが、顔はお肌がよりデリケートになっていますので、エッセンシャルオイル(精油)の濃度には特に気をつけてください。お肌の弱い方は、0.5%ぐらいの低濃度から始めるようにするとより安心です。

使い方

フェイシャルマッサージの場合もアロママッサージ(トリートメント)のページで紹介したようにエッセンシャルイオイル(精油)の希釈濃度が1%以下になるようにマッサージオイルを作ります。顔はお肌がよりデリケートですので、敏感肌の人は0.5%ぐらいの低濃度から始めて、様子を見ながら1%まで徐々に濃度を上げていくようにするとより安心です。濃度が高すぎると、お肌に刺激になる場合がありますので、下記の計算式に従って、エッセンシャルオイル(精油)とキャリアオイルの量を計量し、マッサージオイルを作ってください。エッセンシャルオイル(精油)の瓶には、1滴が0.05mlになるよう、オイルの粘性に応じて設計されたドロッパーが装着されています。このため、例えば50mlのキャリアオイルに対して10滴のエッセンシャルオイル(精油)を加えると、濃度1%のマッサージオイルになります。

マッサージオイルの作り方
(50mlのキャリアオイルを使う場合)
  1. キャリアオイル50mlを量ります。
  2. エッセンシャルオイル(精油)10滴をキャリアオイルに加え、かき混ぜて、マッサージオイルを作ります。(*下記計算式参照)
  3. 作ったマッサージオイルを手に取り、お顔を優しくマッサージします。
使うオイルの量の計算式 (50mlのキャリアオイルを使う場合)
  1. 50ml(キャリアオイルの量) x 1%(希釈濃度) = 0.5ml(エッセンシャルオイルの量)
  2. 0.5ml ÷ 0.05ml(エッセンシャルオイル1滴) = 10滴(エッセンシャルオイルの滴数)
  3. 上記計算式から、50mlのキャリオイル + 10滴のエッセンシャルオイル(精油)で1%濃度のマッサージオイルができることがわかります。

各材料の使用量の早見表
各材料の使用量の早見表
キャリアオイルの量 10ml 20ml 30ml 50ml
濃度0.5%の場合のエッセンシャルオイルの量 1滴 2滴 3滴 5滴
濃度1.0%の場合のエッセンシャルオイルの量 2滴 4滴 6滴 10滴
マッサージは顔の中心から外へ、下から上へ
上記に従って作ったマッサージオイルを適量を手に取り、両手で軽く温めてからマッサージします。マッサージのストロークは顔の中心から外側へ、下から上へ行うようにするのが基本です。
キャリアオイルの選び方
キャリアオイルにもたくさん種類があり、それぞれ異なった質感(肌触り)や含有成分、特性があります。フェイシャルマッサージの場合、以下の表を参考に肌質に合わせて適したキャリアオイルを選んで使ってください。

単独で(またはメインオイルとして)の使用に適したキャリアオイル

普通肌向きのもの
乾燥肌向きのもの
普通肌向きのもの

アプリコット・カーネル、ピーチカーネルは特にフェイシャルマッサージに適したキャリアオイルです。ホホバオイルは、どのタイプのお肌にも向いています。


メインオイルと一緒に使うのがおすすめのキャリアオイル
どのキャリアオイルも「単独で使用してはいけない」ということはありませんが、通常下の欄ののものは、オイルの粘性や匂いがやや強かったり、高価であったりするので、マッサージオイル全体の5%~25%程度の割合で上の欄のいずれかのキャリアオイル(=メインオイル)に加えて使用するのがお勧めです。 

上のいずれかのキャリアオイルに加えて使用したほうが使い易いもの

(単独で使用してはいけないということではありません)

注意すること

濃度には十分に注意する・・・基準は1%
エッセンシャルオイル(精油)の濃度が高すぎると、お肌を刺激するなどトラブルになる場合があります。マッサージオイルは、濃度1%以下になるように作ってください。
赤ちゃん、子供のマッサージについて
体重が軽く、お肌がデリケートな赤ちゃんは、大人よりもエッセンシャルオイル(精油)の影響をより大きく受けます。安全のため、3歳未満の赤ちゃんに対しては、エッセンシャルオイル(精油)を使ったマッサージは行わないようにして下さい。
フェイシャルマッサージには不向きなエッセンシャルオイル(精油)
エッセンシャルオイル(精油)の中には、お肌に対して刺激になる場合のあるものがあります。以下にあげたものは比較的皮膚刺激性が高く、デリケートな顔のお肌には不向きです。フェイシャルマッサージには使わないようにして下さい。
フェイシャルマッサージでの使用に適さないもの

上記のエッセンシャルオイル(精油)は比較的皮膚刺激性が強く、デリケートな顔のお肌への使用には不向きです。フェイシャルマッサージには使用しないようにして下さい。

上記のエッセンシャルオイル(精油)も、稀にお肌への刺激になることがある上、フェイシャルマッサージに使ってもあまりメリットの無いものです。フェイシャルマッサージには使用しないようにして下さい。

稀に刺激になることのあるエッセンシャルオイル(精油)
以下のエッセンシャルオイル(精油)も、人によっては稀に刺激になることがあります。赤くなったり、ヒリヒリしたりする場合は使用を中止してください。敏感肌の人は、0.5%程度の低濃度から始めて、お肌の反応に気を配りながら、使うようにしてください。
稀に刺激になることのあるもの
お肌に異常を感じたら使用を中止する
赤くなる、ヒリヒリする、痒みを感じるなど、お肌に何らかの異常を感じた場合は、マッサージを中止して、大量の水で洗い流して下さい。
パッチテストの方法
使用するエッセンシャルオイル(精油)がお肌に合っているかどうかを確かめるためには、事前にパッチテストを行います。1%濃度で作ったマッサージオイルを二の腕の内側に少量塗り、24時間~48時間そのまま放置して下さい。もし、痒みがでたり赤くなるなどの異常があった場合は、水で洗し、そのエッセンシャルオイル(精油)マッサージには使わないようにします。
光毒性
エッセンシャルオイル(精油)の中には、皮膚についた状態で、紫外線に当たると皮膚に炎症を引き起こす「光毒性」を持ったものがいくつかあります。こうしたエッセンシャルオイル(精油)をマッサージに使用した後は、日光やサンペットなどの紫外線には当たらないように注意してください。
光毒性のあるエッセンシャルオイル(精油)

※ 当店で販売しているエッセンシャルオイル(精油)の中で、光毒性があるのは上記4種類です。左から順に強い光毒性をもっています。柑橘系のエッセンシャルオイルでも、オレンジ・スイート、マンダリンには光毒性はありません。(オレンジ・ビターの果皮より抽出されたものには比較的高い光毒性がありますが、当店では販売していません。)

※ 濃度にさえ気をつければ、エッセンシャルオイル(精油)の光毒性には、一般に言われている程の高い危険性はないというのが実際のところです。国際香料研究協会の設けているガイドラインによると、1%以下の濃度に希釈した場合に、光毒性を発揮するのは、当店で販売しているエッセンシャルオイル(精油)中では、ベルガモット、アンジェリカ・ルートの2種のみです。とは言うものの、予期せぬ要因により光毒性が高まることも考えられなくはありません。上記4種のエッセンシャルオイル(精油)をお肌に使用した後、日光などの紫外線に当たらないようにしてください。

※ ベルガモットFCF(フロクマリン・フリー)は、ベルガモットから光毒性のあるフロクマリンを取り除いたものです。日中にマッサージに使う場合は、ベルガモットFCFを使えば、光毒性の心配はありません。

マッサージオイルが余ったら
作ったマッサージオイルには、市販の化粧品とは異なり、当然防腐剤が入っていませんので、あまり日持ちがしません。あまったマッサージオイルは、遮光瓶に入れて冷暗所に保存し、2週間以内を目安に使い切るようにして下さい。


お勧めのエッセンシャルオイル(精油) フェイシャルマッサージ


フェイシャルマッサージで使用する場合の、お肌のタイプ別お勧めのエッセンシャルオイルです。


 


普通肌(ノーマルスキン)
メニューへ戻る
乾燥肌(ドライスキン)
メニューへ戻る
脂性肌(オイリースキン)&混合肌

ベルガモットには光毒性がありますので、使用後は日光に当たらないようにしてください。日中に使用する場合は、光毒性を取り除いてあるベルガモットFCFを使ってください。ティートゥリーは、人によっては稀にお肌に刺激になることがあります。敏感肌の人は0.5%程度の低濃度で注意しながら使ってください。

メニューへ戻る
成熟肌(エイジドスキン)
メニューへ戻る
敏感肌(センシティブスキン)
メニューへ戻る
ページの先頭へ戻る
COPYRIGHT © エッセンシャルオイル(精油・アロマオイル)のお店 Tea-treeの森 All rights reserved.
ad