ティートゥリー

ティートゥリー(10ml)
  • ティートゥリー(10ml)

1,600円(税込価格:1,728円)

買い物カゴへ入れる

*ティートゥリー(25ml)
  • ティートゥリー(25ml)

3,800円(税込価格:4,104円)

買い物カゴへ入れる

●ティートゥリー25ml(アルミボトル)には1滴が0.05mlになるドロッパーが付いていません。

小さなお子様の手の届くところには絶対に置かないでください。大量に誤飲すると、命に危険が及ぶ場合があります。

●25mlボトルのオイルの計量には駒込ピペットメスシリンダー等をご利用頂くか、リフィルとして10mlボトルに詰め替えてご利用ください。

*
  • 5,400円以上で送料無料
  • ご注文当日?翌営業日までに迅速配達
詳細
商品名 ティートゥリー(Tea-tree)
商品番号 QQ270-010
容量 10ml
学名 Melaleuca alternifolia
科名 フトモモ科
原産地 オーストラリア
使用部分 葉、枝
抽出方法 水蒸気蒸留法
ノート トップ
香りの系統 樹木系
香りの強さ 強い
別名 ティーツリー、ティートリー
内容成分 Terpenen-4-ol, g-terpinene, 1,8-cineole

当店販売商品の品質について

エッセンシャルオイル(精油)の基礎知識

エッセンシャルオイル(精油)の使い方

精油の事典

特徴
ティートゥリー(別名 ティーツリーまたはティートリー)のエッセンシャルオイル(精油)は、清潔感あふれるクールな香りで、様々な用途に役立ってくれます。アロマテラピーにおいては、ラベンダーと並んで最も良く使われる極めて重要なエッセンシャルオイル(精油)です。エッセンシャルオイル(精油)の原料となるティートゥリーの葉は、優れた特性を持つことから、原産地、オーストラリアの原住民、アボリジニに古くから利用されてきたことでも有名です。

ティートゥリーには優れた抗菌特性があり、流行が心配なデリケートな季節にアロマランプで香らせれば、清潔感あふれる香りでお部屋を満たしながら、精油成分の特性を発揮してくれます。よりしっかり効果を得たい場合には、ティッシュに1、2滴落としてデスクやテーブルの上など、身近なところに置くのもお勧めです。また、霧吹きに入れた水50ml(この場合は水道水でOKです)の中に、10~20滴ほどティートゥリーを落として、良く振ってから室内にスプレーするのも大変効果的な使い方です。お部屋の空気を健やかに浄化すると同時に、いやな匂いを取り除いてくれます。ベルガモットレモンなどを少しブレンドして使用すると、更に良い効果と心地よい香りが得られます。その他、アロマバス(浴槽に5滴程度落として良くかき混ぜた後、お湯に浸かってください。)や、キャリアオイルを使ったトリートメントもおすすめです。 

心理面に対しては、気持ちを冷静にし、はっきりさせてくれるエッセンシャルオイル(精油)で、特に神経質になっている場合に役立ってくれます。イライラした気分に悩まされているときには、ティッシュやハンカチを使った芳香浴アロマバスに使ってみてください。また、精神的ショックを受けた場合にも、気分を落ち着かせて立ち直るのを助けてくれます。

ティートゥリーは、消臭効果(デオドラント)にも優れていますので、洗濯の際に洗剤と一緒に5滴ほど洗濯機に落としたり、水ぶき掃除の際にバケツに2~3滴落として使うなどすると、化学薬品に頼ることなく、ナチュラルな香りのハウスキーピングを楽しむことができます。家を清潔にすると同時に、いやな匂いを取り去って、心にも身体にも優しい住環境を作ってくれます。デリケートな小さなお子様のいるご家庭には特におすすめの使用法です。タバコの臭いを消したい場合には、レモングラスとブレンドして少し強めに香らせると驚くほど効果があります。汗をよくかく夏場のアロマバス足浴(フットバス)などもティートゥリーの特性が得られるお勧めの使用法です。

エッセンシャルオイル(精油)は原液のまま直接肌につけてはいけませんが、例外的にラベンダーティートゥリーのみ、少量を局部的にであれば、原液のまま用いることができます。(但し事前に必ず少量でパッチテストを行ってください)。
植物
ティートゥリーは、オーストラリアのニューサウスウェールズ原産の高木で、樹高7メートル程度にまで生育します。湖沼の岸でよく生育する樹木で、細長い羽毛のような葉を持ち、黄色または紫色の花を咲かせます。強い香りを放つ植物で、風にのせてその香りを遠くまで漂わせます。同じフトモモ科のユーカリと同様、非常に生命力が強い植物で、多少枝を切り落としても、元気に生長を続けます。100kgのティートゥリーの葉、枝から約1kgのエッセンシャルオイル(精油)が採れます。
エピソード
ティートゥリー(Tea-tree)の名前は、キャプテン・クックがオーストラリアを始めて訪れた時、アボリジニの人達がこの木の葉でお茶を入れたことに由来しています。(お茶の葉が取れる、ツバキ科のお茶の木(Thea sinensis, Camellia sinensis)とは全く別の植物です。)

原産地オーストラリアの原住民、アボリジニはティートゥリーの優れた力を古くから見出し、同じくオーストラリア原産のユーカリと同様に、その葉を様々な用途に使用してきました。ティートゥリーの優れた特性は、20世紀前半にイギリス人の知るところとなり、その後ヨーロッパでも使われるようになりました。近代アロマテラピーの礎を築いたフランス人医師、ジャンバルネ博士によって第一時インドシナ戦争中の1950年に、ティートゥリーが最前線の兵士に対して用いられたのは有名な話です。

ユーカリは19世紀後半にヨーロッパに移植され、栽培されていますが、ティートゥリーは現在でもオーストラリア以外の地域への移植は成功していません。当然、エッセンシャルオイル(精油)は全てオーストラリア産のものとなっています。ヨーロッパでは、術後の経過への影響を考えて、手術を行う前にティートゥリー油を使ってマッサージを施している病院もあります。オーストラリアには、そこで泳ぐと健やかになると言われた湖がありましたが、湖岸にティートゥリーが茂って水面に葉を落としていたことがその不思議な力の秘密であったという言い伝えがあります。
おすすめのブレンド相手
注意事項
  • ティートゥリーは、少量を局部に対してであれば、肌に原液のままつけても大丈夫ですが、最初はごく少量で様子をみてから用いるようにしてください。
  • 敏感肌に対しては刺激になる場合がありますので、注意してください。

当店エッセンシャルオイル(精油)の保存状況について

商品保存室2植物から蒸留・圧搾等の抽出方法によって生産された時点では、最高品質のエッセンシャルオイル(精油)であったとしても、流通段階で適切に保存・管理されていなければ、その精油は時間と共に品質を落としていってしまいます。当店では厳しい温度管理を可能にする専用保冷庫が備え付けられた、清潔な保存室でエッセンシャルオイル(精油)を大切に保管し、皆様の元へお届けしています。
より詳しくは
当店での精油の保存状況について


ページの先頭へ戻る
COPYRIGHT © エッセンシャルオイル(精油・アロマオイル)のお店 Tea-treeの森 All rights reserved.
ad